Journal of Computer Aided Chemistry
Online ISSN : 1345-8647
密度汎関数法に基づくフラグメント分子軌道法を用いたDNA電子状態計算
仙石 康雄松岡 誠杉木 真一郎田中 成典栗田 典之関野 秀男
著者情報
ジャーナル フリー

5 巻 (2004) p. 1-8

詳細
PDFをダウンロード (264K) 発行機関連絡先
抄録

巨大分子の電子状態を計算する手法の1つとして、Fragment 分子軌道(FMO)法がある。FMO法は分子をフラグメントに分割して計算することにより、通常の分子軌道(MO)計算では計算不可能な巨大分子の電子状態を計算できる。FMO法の計算精度およびコストはフラグメントの分割方法に大きく依存する。我々は、密度汎関数法(DFT)に基づくFMO法を独自に開発し、これを用いてDNAの電子状態を塩基分割及び塩基対分割の二種類のフラグメント分割方法で計算した。これらの計算から得られた分子の全エネルギーとMO分布について通常のDFT法による結果と比較した結果、塩基ごとに分割したFMO計算は、塩基対ごとに分割したFMO計算と同程度の計算精度で、全エネルギーとMO特性を得ることができることが明らかになった。

著者関連情報
© 2004 日本化学会
次の記事

閲覧履歴
feedback
Top