日本補完代替医療学会誌
Online ISSN : 1348-7930
Print ISSN : 1348-7922
速報
新規好中球機能検査法によるオリゴノールの機能解析
鈴木 克彦泊 美樹菅間 薫北舘 健太郎三浦 茂樹吉岡 浩森 有一
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 10 巻 1 号 p. 59-62

詳細
抄録

ポリフェノールの好中球機能に及ぼす影響をオリゴノールとライチポリフェノールを用いて検討した.37℃ で加温したハイドロゲルに,オリゴノールまたはライチポリフェノールと全血,ルミノールを添加し,ハイドロゲル内に浸潤した好中球の遊走細胞数と活性酸素産生量を測定した.その結果,好中球の遊走能には影響は認められなかったが,活性酸素産生量は同様に 100 μg/ml 以上では有意に抑制されたが,より低濃度では好中球が活性化された.すなわち,ライチポリフェノールは 100 ng/ml~10 μg/ml では好中球活性酸素産生量を上昇させたが,オリゴノールはその程度が少なかったため,オリゴノールに含まれるカテキン類が低濃度域で抗酸化作用を発現した可能性とポリフェノールの低分子化や組成の変化が影響した可能性が示唆された.

著者関連情報
© 2013 日本補完代替医療学会
前の記事
feedback
Top