日本補完代替医療学会誌
Online ISSN : 1348-7930
Print ISSN : 1348-7922
原著
多変量解析法にもとづいた日本語版中医体質調査票(CCMQ-J)における各質問間相関の評価ならびにBMI,年齢の推定モデルの構築
山森 明弘許 鳳浩渡辺 知幸黄 銘小野 直亮佐藤 哲大阿部 哲朗上馬塲 和夫川端 克司今西 勁峰Md. Altaf-Ul-Amin朱 燕波戴 昭宇王 琦金谷 重彦太田 富久鈴木 信孝
著者情報
ジャーナル フリー

13 巻 (2016) 2 号 p. 43-56

詳細
PDFをダウンロード (3230K) 著者にメールを送る 発行機関連絡先
抄録

日本語版Constitution in Chinese Medicine Questionnaire (CCMQ-J)における体質9分類に関する調査票の5段階スコアをもとに,質問の関連性について相関解析ならびにクラスター分析した.60の質問のスコアにおける相関解析により,12個のクラスターにて分類を行い,質問の関連性を症状にもとづいて解釈した.回答データから計算される9つの体質の関連性をクラスター分析により検討した.さらに,PLS法により性別ごとに60の質問のスコアからの年齢ならびにBMI値の推定モデルを構築した.いずれも,実測値と推定値の間に0.80以上の十分に高い相関を得ることができた.このPLS回帰モデルの係数をもとに,年齢ならびにBMI値の推定におけるそれぞれの質問の寄与の程度を体系的に検討した.CCMQ-Jでは質問から体質9分類を規定することから,質問のスコアから年齢が推定できるということは,体質9分類により規定される体質が,年齢と肥満度に影響を受けることが示唆された.

著者関連情報
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top