日本補完代替医療学会誌
Online ISSN : 1348-7930
Print ISSN : 1348-7922
ISSN-L : 1348-7922
原著
脂肪酸組成の異なる油脂を摂取したラットの肝臓組織における脂肪滴の分布
細山田 康恵山田 正子
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 15 巻 2 号 p. 79-84

詳細
抄録

目的:脂肪酸組成の異なる油脂摂取が,ラットの脂肪蓄積量と肝臓組織の脂肪滴に与える影響について検討した. 方法:幼ラットに高コレステロール食としてラード, 大豆油, エゴマ油, 魚油を含む飼料を4週間摂取させた.コントロールにはラードを用いた. 結果:後腹壁脂肪及び睾丸周辺脂肪重量は, コントロール群,大豆油群それぞれより魚油群で有意に低値を示した.肝臓組織において, 脂肪滴数は, エゴマ油群で他群より有意に高値を示し, 直径の小さな脂肪滴が多数みられた.総面積に対する脂肪滴の割合は, コントロール群,大豆油群それぞれよりエゴマ油群で有意に低値を示し, コントロール群, 大豆油群それぞれより魚油群で有意に低値を示した. 結論:脂肪酸組成の異なる油脂摂取において, 脂肪蓄積量と肝臓組織の脂肪滴の面積は類似することが明らかとなった.魚油摂取が, 脂肪蓄積低下に有用で肥満の予防や改善に役立つことが期待される.

著者関連情報
前の記事 次の記事
feedback
Top