J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

Journal of Computer Chemistry, Japan
Vol. 12 (2013) No. 1 宮本明先生退職記念特集号 p. A14-A15

記事言語:

http://doi.org/10.2477/jccj.2012-0023

ハイライト
  • 抄録

計算化学は,既存の手法で解決することが不可能に見える課題に挑戦することで,新規手法の開発が進み,応用分野の拡大が実現されてきた.本稿では,触媒,半導体,電池材料など様々な分野で活用されている計算化学が一層広い範囲で活躍することを望みつつ,今後の挑戦を期待したい対象を紹介する.

Copyright © 日本コンピュータ化学会

記事ツール

この記事を共有