Journal of Computer Chemistry, Japan
Online ISSN : 1347-3824
Print ISSN : 1347-1767
総説
カスケード選択型分子動力学法によるタンパク質機能の動的秩序解析
原田 隆平重田 育照
著者情報
ジャーナル フリー HTML

17 巻 (2018) 1 号 p. 46-56

詳細
本文(HTML形式) PDFをダウンロード (5399K) 発行機関連絡先
抄録

生体機能はタンパク質の構造遷移と深く関わっており,その動的秩序と機能の相関を明らかにする必要がある.しかしながら,従来の分子動力学シミュレーションで到達可能な時間スケールは生体機能の発現する時間スケールよりも短く,生体機能に関わる構造変化をサンプリングする研究手法が求められている.この総説では我々が提唱するカスケード選択型分子動力学法の概要を示すとともに,生物学的に重要な現象に対する応用例を紹介する.

Fullsize Image
著者関連情報
© 2018 日本コンピュータ化学会
前の記事 次の記事

オルトメトリクス
閲覧履歴
feedback
Top