Journal of Computer Chemistry, Japan
Online ISSN : 1347-3824
Print ISSN : 1347-1767
総合論文
シトクロムcの多量体形成に関する理論的研究
根木 秀佳吉田 紀生廣田 俊東 雅大
著者情報
ジャーナル フリー HTML

17 巻 (2018) 1 号 p. 8-13

詳細
本文(HTML形式) PDFをダウンロード (1794K) 発行機関連絡先
抄録

シトクロムcは,ミトコンドリア内の呼吸に関わる反応において電子を伝達する役割を担うヘムタンパク質である.シトクロムcは,互いのC末端ヘリックスを交換するドメインスワッピングにより多量体を形成し,電子伝達の機能を失うことが知られているが,多量体形成のメカニズムは未だはっきりしていない.この多量体形成メカニズムの解明を目指して,我々は分子動力学シミュレーションと液体の積分方程式理論を用いてシトクロムcの単量体と二量体の熱力学安定性の解析を行ってきた.本稿では,これまでの研究成果について紹介する.

Fullsize Image
著者関連情報
© 2018 日本コンピュータ化学会
前の記事 次の記事

オルトメトリクス
閲覧履歴
feedback
Top