Journal of Computer Chemistry, Japan
Online ISSN : 1347-3824
Print ISSN : 1347-1767
総説
クライオ電子顕微鏡によるタンパク質の動的構造解析
宋 致宖村田 和義
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2018 年 17 巻 1 号 p. 38-45

詳細
抄録

新たなタンパク質の構造決定手法として,クライオ電子顕微鏡による単粒子構造解析が注目を集めている.本手法は試料に対する制約が少なく,数十キロダルトンのタンパク質から数百メガダルトンのウイルス粒子に至るまで同じ方法で解析できる(Figure 1).また,その空間的な自由度を生かしてタンパク質の各刺激に対する動的構造変化や動態解析も可能となる.本総説では,クライオ電子顕微鏡単粒子構造解析の原理と,これを可能にした画像記録装置と解析手法の進歩について解説し,さらに動的なタンパク質構造解析への応用についても紹介する.

Fullsize Image
著者関連情報
© 2018 日本コンピュータ化学会
前の記事 次の記事
feedback
Top