Journal of Computer Chemistry, Japan
Online ISSN : 1347-3824
Print ISSN : 1347-1767
研究論文
連続滴定X線溶液散乱測定を志向したμ流路型自動サンプリングシステムの開発
上久保 裕生
著者情報
ジャーナル フリー HTML

17 巻 (2018) 1 号 p. 57-64

詳細
本文(HTML形式) PDFをダウンロード (1316K) 発行機関連絡先
抄録

 細胞内で生じる生命現象は様々な蛋白質が互いに協力することによって実現されている.従って,生命現象を理解するためには,複数の蛋白質を含む溶液がどのような振る舞いを示すのかを分子科学的に理解する必要がある.しかしながら,原則,従来の構造解析手法は単分散状態を対象とするものであり,複数の蛋白質が共存する多成分平衡状態の解析は困難であった.そこで,我々は将来的な多成分平衡状態の解析を目的として,マイクロ流路型自動サンプリングシステムの開発を進めてきた.本稿では,我々が開発してきた複数の溶液の混合比を連続的に変化させることが可能なマイクロ流路デバイスの詳細と,応用例としてX線溶液散乱測定と組み合わせた連続滴定X線溶液散乱測定による2成分系の蛋白質-蛋白質相互作用解析の結果を紹介する.

Fullsize Image
著者関連情報
© 2018 日本コンピュータ化学会
前の記事 次の記事

オルトメトリクス
閲覧履歴
feedback
Top