Journal of Computer Chemistry, Japan
Online ISSN : 1347-3824
Print ISSN : 1347-1767
総合論文
分子動力学計算とNMR計測を用いた糖鎖の配座空間探査
山口 拓実渡邉 東紀男矢木 宏和加藤 晃一
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2018 年 17 巻 1 号 p. 1-7

詳細
抄録

糖鎖は複雑な分岐構造と高い内部運動の自由度をもち,その立体構造は水中で絶えず揺動している.したがって,糖鎖の生物機能発現に関する分子科学的基盤を正しく理解するためには,立体構造を動態として描象することが重要である.核磁気共鳴(NMR)法と分子シミュレーションを組み合わせた動的構造解析法の確立により,糖鎖のコンフォメーションをその揺らぎを含めて定量的に理解することが可能となってきた.常磁性NMR法とレプリカ交換分子動力学計算法を用いて,タンパク質の品質管理に関わる一連のオリゴ糖鎖のコンフォメーションを明らかにした.さらに,配座空間探査に基づき,糖鎖とそれを認識するタンパク質との結合様式を解析することで,静的な構造解析だけでは捉えることができない動的な相互作用機構の理解を進めることができた.

Fullsize Image
著者関連情報
© 2018 日本コンピュータ化学会
前の記事 次の記事
feedback
Top