Journal of Computer Chemistry, Japan
Online ISSN : 1347-3824
Print ISSN : 1347-1767
技術論文
ケクレ構造数え上げのアルゴリズムを用いたASC及びConjugated Circuitの計算プログラムの開発
森川 大野村 泰志溝口 則幸
著者情報
ジャーナル フリー HTML

17 巻 (2018) 2 号 p. 92-101

詳細
本文(HTML形式) PDFをダウンロード (1303K) 発行機関連絡先
抄録

成田らのケクレ構造の数え上げアルゴリズムを改良する事によって,各種共役分子のalgebraic structure count (ASC)を求める計算プログラムを開発した.さらに,この計算はケクレ構造の重ね合わせを利用する事から,全てのconjugated circuitの数え上げも可能となった.これによりASCとconjugated circuitを一度に求める事が可能となった.また,ASCを決定できない非交互共役系についても議論を行った.

著者関連情報
© 2017 日本コンピュータ化学会
前の記事 次の記事

オルトメトリクス
閲覧履歴
feedback
Top