Journal of Computer Chemistry, Japan
Online ISSN : 1347-3824
Print ISSN : 1347-1767
散逸粒子動力学におけるシリカ-脂質膜界面付近の水の取扱い
土居 英男奥脇 弘次望月 祐志小沢 拓
著者情報
ジャーナル フリー HTML 早期公開

論文ID: 2017-0003

詳細
抄録

散逸粒子動力学(DPD: Dissipative Particle Dynamics)法を用いたシミュレーションは生体膜などの幅広い分野で用いられている.従来,このようなDPD シミュレーションでは,バルクの水と界面付近の水を同じように扱う場合がほとんどであった.しかし,こうしたやり方では系の性質を必ずしも忠実に再現しているとはいえない.界面付近の水分子の性質とバルクの水分子の性質がかなり異なったものであるという実験的,あるいは理論的な研究がなされているからである.そこで,我々はこの問題を解決すべく,バルク水と界面水を区別して取り扱うアプローチを提案する.このアプローチを,脂質膜-シリカ-水の系のDPDシミュレーションに対して適用したところ,シリカに脂質膜が吸着する現象をうまくモデル化することができた.

Fullsize Image
著者関連情報
© 2017 日本コンピュータ化学会
feedback
Top