窯業協會誌
Online ISSN : 1884-2127
Print ISSN : 0009-0255
モンモリロナイト-ポリアクリロニトリル層間化合物からの熱炭素還元による炭化物生成
菅原 義之杉本 健一黒田 一幸加藤 忠蔵
著者情報
ジャーナル フリー

1986 年 94 巻 1085 号 p. 48-53

詳細
抄録

粘土-有機複合物を熱炭素還元による炭化物合成に応用することを目的として, モンモリロナイト-ポリアクリロニトリル (PAN) 層間化合物をAr雰囲気にて焼成した. 1200℃ではβ-SiCが生成し, 1300℃以上ではα-及びβ-SiCが生成した. 酸化物ではSiO2成分が全く結晶化しなかったのに対し, Al2O3成分はMg-Al-O系の化合物として結晶化した. モンモリロナイト-炭素混合物からの反応との比較により, 層間のPANの存在がα-SiCの生成をもたらし, 酸化物の結晶化を抑制したことが明らかとなった.

著者関連情報
© The Ceramic Society of Japan
前の記事 次の記事
feedback
Top