ジオシンセティックス論文集
Online ISSN : 1883-146X
Print ISSN : 1344-6193
ISSN-L : 1344-6193
論文
有機化合物の通過速度からみた遮水シートの細孔特性の推定
石森 洋行本條 貴之中川 美加子石垣 智基山田 正人
著者情報
ジャーナル フリー

2020 年 35 巻 p. 135-140

詳細
抄録

最終処分場の底部遮水層で用いられる遮水シートは,これまで疎水性で低分子量の有機化合物を対象に研究がなされてきた.疎水性が遮水シートを通過するか否かを判断するための有効な指標であるとされている.一方で,近年ではビスフェノールAや1,4-ジオキサン,残留性有機汚染物質のような親水性をあわせもち,高分子量の有機化合物等の環境影響評価も重要視されてきていることから,これらの有機化合物にも対応可能な遮水シートの遮蔽性能の考え方を本論文では議論した.具体的には,遮蔽性能のひとつである細孔径を分子動力学の観点から推定した.有機化合物を有限個の球状分子から成ると仮定し,各分子に作用するブラウン運動,流体力,分子間力を外力とした運動方程式を解くことで,遮水シートの細孔を通過する際の拡散係数を推定した.

著者関連情報
前の記事 次の記事
feedback
Top