ジオシンセティックスシンポジウム発表論文集
Online ISSN : 1884-3719
Print ISSN : 1344-3496
補強された砂地盤および砂斜面の支持力破壊の数値解析
小竹 望田中 忠次龍岡 文夫彭 芳楽
著者情報
ジャーナル フリー

1997 年 12 巻 p. 45-54

詳細
抄録

フーチング直下に線状の引張補強材を水平に配置した密な空気乾燥豊浦砂の模型水平地盤および模型斜面の平面ひずみ支持力実験を対象として、弾塑性FEM解析を適用した。解析では、豊浦砂のせん断強度の異方性・拘束圧依存牲、ひずみ軟化、せん断帯の発生を考慮した。補強材の長さ、層数、間隔を変化させた種々のケースと無補強の模型実験を解析した。FEM解析で得られた荷重~沈下量関係は、実験結果より初期剛性とピーク荷重が大きい傾向を示したが、補強材の配置が補強効果に与える影響は実験結果とほぼ同様な傾向を示した。また、せん断帯の発生状況の比較から、実験で確認された破壊形態がFEM解析により良く再現されることが認められた。

著者関連情報
© 国際ジオシンセティックス学会日本支部
前の記事 次の記事
feedback
Top