日本臨床整形外科学会雑誌
Online ISSN : 2189-7905
Print ISSN : 1881-7149
ISSN-L : 1881-7149
骨粗鬆症におけるテリパラチド製剤の比較
山口 眞一
著者情報
ジャーナル 認証あり

2020 年 45 巻 1 号 p. 41-42

詳細
抄録

【目的】当院で骨粗鬆症治療で処方した2剤のテリパラチド製剤につき比較検討した.

【方法】dailyテリパラチド投与の骨粗鬆症患者,weeklyテリパラチド投与の骨粗鬆症患者について性別,継続症例,年齢,骨塩定量増加率について検討した.

【結果】dailyテリパラチドは45例,weeklyテリパラチド20例,男女比継続,年齢,骨塩定量増加率に差はみられなかった.

【考察】2製剤間で有意差はみられなかった.

【結論】2剤のテリパラチドで年齢,継続率,骨量増加率を比較検討した.

著者関連情報
© 2020 一般社団法人日本臨床整形外科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top