J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

認知心理学研究
Vol. 14 (2016) No. 1 p. 35-48

記事言語:

http://doi.org/10.5265/jcogpsy.14.35

資料

本稿は,高校生におけるSRL (Self-regulated learning)の行動傾向が,彼らの動機づけ状態と学力とどのように関連しているかを明らかにすることを目的とする.従来,SRLの指導や動機づけへの介入が,学力の向上に影響を及ぼすことが示されてきた.しかし,状況や文脈レベルの介入に対する効果検証は蓄積される一方,介入前の段階でそれぞれの学習者がもつ特性レベルのSRLの行動傾向や学力との関連については,あまり取り上げられていない.そこで本研究では,SRLの行動傾向に着目し,SRLの行動傾向と学力および動機づけ状態との関連を,期待―価値モデルの考え方をもとに検証した.H県の公立高校に通う高校生を対象に,数学の学力テストおよび質問紙調査を実施した.調査の結果,自律的動機づけや学力の高さはSRLの行動傾向の高さと関連することが示された.一方,学力が高い者にとって他律的動機づけはSRLの行動傾向と負の関連をもち,学力の低い者にとって他律的動機づけは必ずしもSRLの行動傾向と負の関連をもたない可能性が示唆された.さらに学力が低い者にとっては同一化動機づけが必ずしもSRLの行動傾向と関連していなかった.この二つの要因の交互作用的影響について期待―価値モデルに基づき議論した.さらに調査結果をもとに適性処遇交互作用の観点から新たな研究アプローチを提案し展望をまとめた.

Copyright © 2016 日本認知心理学会

この記事を共有