日本大腸肛門病学会雑誌
Online ISSN : 1882-9619
Print ISSN : 0047-1801
ISSN-L : 0047-1801
臨床研究
クローン病に合併する難治性痔瘻,膿瘍に対する108手術症例の検討
内野 基池内 浩基田中 慶太松岡 宏樹久野 隆史中村 光宏大嶋 勉塚本 潔外賀 真中埜 廣樹野田 雅史竹末 芳生松本 誉之冨田 尚裕
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 61 巻 8 号 p. 498-503

詳細
抄録

クローン病(以下CD)における痔瘻,肛門周囲膿瘍の合併頻度は高く,多発性,難治性であることを特徴とする.治療に際しては,肛門機能温存,癌合併などの問題に配慮が必要である.今回,難治性痔瘻,肛門周囲膿瘍に対し,手術を行ったCD108症例につき検討した.括約筋温存,再発防止を目的に,当科ではsetonドレナージを基本術式としている.軽快例は85.2%であったが,再手術を必要とした症例は39.8%,累積再手術率は5年で32.4%であった.Seton併用の有無に関する再手術率は併用群31.3%,非併用群68.0%と有意差を認めたが,最終的に人工肛門造設となった症例は各々16.9%,16.0%で有意差はなかった.直腸腟瘻を有する症例は11例あったが,全例軽快せず,人工肛門造設5例,直腸切断術2例と難治性であった.Seton法は根治性には乏しいが再発予防には効果があり,CDの難治性痔瘻,肛門周囲膿瘍に対する手術療法では選択するべきであると考えられた.

著者関連情報
© 2008 日本大腸肛門病学会
前の記事 次の記事
feedback
Top