日本大腸肛門病学会雑誌
Online ISSN : 1882-9619
Print ISSN : 0047-1801
ISSN-L : 0047-1801
臨床研究
大腸癌手術における一時的ループイレオストミーの造設と閉鎖についての検討
濱田 朋倫内藤 春彦篠原 敏樹前田 好章
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 61 巻 8 号 p. 504-508

詳細
抄録

目的: 大腸癌手術における一時的ループイレオストミーの安全性について検討した.方法: 1995∼2007年にループイレオストミーを造設,閉鎖した39例を対象とした.結果: covering stomaとして造設したものが20例,縫合不全後に造設したものが19例であった.ロッドを使用せず丸く高いストーマを造設した.ストーマ径は平均縦30mm横30mm高さ26mmであった.造設後ストーマ周囲皮膚障害が3例,ストーマの潰瘍が2例,イレウスが2例発生したが,ストーマの脱落,脱出,ヘルニア,ハイアウトプットストーマはなかった.ストーマの閉鎖法は機能的端々吻合が24例,手縫い端々吻合が15例であった.手縫い群で5例の吻合部小腸閉塞と,再手術を要した縫合不全が1例に発生した.結語: 大腸癌手術における一時的ループイレオストミーの造設と閉鎖は,重篤な合併症も少なく安全な手技であった.機能的端々吻合は,閉鎖後の小腸閉塞が無く安全であった.

著者関連情報
© 2008 日本大腸肛門病学会
前の記事 次の記事
feedback
Top