日本大腸肛門病学会雑誌
Online ISSN : 1882-9619
Print ISSN : 0047-1801
ISSN-L : 0047-1801
症例報告
孤発性嚢胞性腫瘤として発見され,直腸浸潤により直腸間膜内リンパ節転移をきたした原発性腹膜癌の1例
高津 有紀子盛口 佳宏伊東 干城
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 70 巻 6 号 p. 428-434

詳細
抄録

原発性腹膜癌は,腹腔内の播種病変を主体とする比較的稀な疾患である.卵巣漿液性腺癌と組織像が類似していることを特徴とし,多くは発見時に癌性腹膜炎を呈している.症例は78歳の女性で,近医で施行した腹部超音波検査で骨盤内腫瘤を指摘され,精査目的に当院に紹介となった.CTでダグラス窩に充実性成分を含む嚢胞性腫瘤と肝腫瘍を認めた.開腹所見では,癌性腹膜炎は認めず,腫瘍は直腸,子宮頚部に浸潤しており,ハルトマン手術と子宮付属器合併切除術を施行した.病理組織学的診断は,直腸,子宮頚部に浸潤する原発性腹膜癌で,直腸間膜内リンパ節に転移を認めた.術後化学療法を行い経過観察としたが,肝腫瘤は退縮し無再発生存中である.骨盤内腫瘤を認めた場合,本疾患を念頭におき,廓清範囲を含めた慎重な術式選択が肝要と考えられた.

著者関連情報
© 2017 日本大腸肛門病学会
前の記事 次の記事
feedback
Top