日本大腸肛門病学会雑誌
症例報告
自慰目的にハンドグリッパーを経肛門的に挿入し直腸穿通をきたした1例
横井 英人長谷川 誠司和田 朋子菅原 裕子渡辺 卓央池 秀之福島 忠男
著者情報
ジャーナル フリー

70 巻 (2017) 8 号 p. 543-548

詳細
PDFをダウンロード (1253K) 発行機関連絡先
抄録

自慰目的に挿肛したハンドグリッパーが直腸穿通をきたし,開腹手術を必要とした1例を報告する.症例は39歳男性,握力トレーニング用のハンドグリッパーを自慰目的に肛門より挿入し抜去ができなくなった.20日ほど経過し臀部痛を主訴に当院救急外来に受診した.腹部CTで片方のグリップが直腸穿通していたため経肛門的摘出は不可能と判断し,緊急開腹手術(Hartmann手術)を施行しハンドグリッパーを摘出した.術後経過は良好で第10病日に退院した.直腸異物の摘出法に関しては,一定の見解は今のところなく,全身状態,異物の大きさ,形状,材質,肛門・直腸外傷や,消化管穿孔の有無を考慮し,慎重に検討する.

著者関連情報
© 2017 日本大腸肛門病学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top