日本大腸肛門病学会雑誌
Online ISSN : 1882-9619
Print ISSN : 0047-1801
ISSN-L : 0047-1801
総説
「プレフレイル高齢大腸がん患者のための臨床的提言」総論・高齢者機能評価に関する提言 Part1
田村 和夫唐澤 久美子山本 寛小川 朝生海堀 昌樹渡邊 清高桜井 なおみ津端 由佳里上田 倫弘
著者情報
ジャーナル フリー

2021 年 74 巻 5 号 p. 269-275

詳細
抄録

日本のがん診療において,重要な課題の1つは,心身機能の衰えてくる高齢がん患者のマネジメントである.元気な高齢がん患者(フィット)は非高齢者と同等の標準治療を受け,がん特異的な治療成績が得られる.一方,全身状態の悪いフレイル例は,がん治療によるベネフィットを享受できない可能性がありベストサポーティブケアが選択される.したがって,診療指針(GL)が必要なのは,がん治療は可能だが有害事象のため標準治療が困難な脆弱(プレフレイル)な高齢がん患者である.そこで,エビデンスが少なくGL作成が困難であることから,モデルケースとして大腸がんをとりあげ「プレフレイル高齢大腸がん患者のための臨床的提言」を作成する.治療に関係した5つのワーキンググループ(WG)を設置し議論を重ね,本稿では,総論・高齢者機能評価(GA)WGから,提言作成に至った経緯,プレフレイルの定義,作成方法を中心に述べる.

著者関連情報
© 2021 日本大腸肛門病学会
次の記事
feedback
Top