日本大腸肛門病学会雑誌
Online ISSN : 1882-9619
Print ISSN : 0047-1801
治療に難渋した腟内異物による直腸腟瘻の1例
小川 仁舟山 裕士福島 浩平柴田 近高橋 賢一長尾 宗紀羽根田 祥渡辺 和宏工藤 克昌佐々木 巌
著者情報
キーワード: 直腸腟瘻, 腟内異物, 手術
ジャーナル フリー

2004 年 57 巻 8 号 p. 455-459

詳細
抄録

症例は23歳女性.5年前にスプレー缶の蓋を膣内に留置してしまったが医療機関を受診せず放置し,次第に月経周期に類似した下血と腰痛が出現したため近医を受診した.大腸内視鏡検査で膣内異物と直腸膣瘻を指摘され経肛門的に異物除去術が施行されたが,2カ月後も瘻孔が閉鎖しないため当科を紹介された.初診時2横指大の直腸膣瘻と膣狭窄を認めた.回腸にループ式人工肛門が増設されたが6カ月後も瘻孔は閉鎖せず,根治目的に手術が施行された.瘻孔周辺の直腸と膣は高度の線維化により強固に癒着しており直腸・膣の修復は不可能であったため,再手術により子宮摘出・直腸切除,結腸肛門吻合術が施行された.3年2カ月の間にこれらの手術を含む計6回の手術が行われ直腸膣瘻は根治した.膣内異物による直腸膣瘻はまれな病態であるが,治療に難渋した自験例を若干の文献的考察を加え報告する.

著者関連情報
© 日本大腸肛門病学会
前の記事 次の記事
feedback
Top