Zairyo-to-Kankyo
Online ISSN : 1881-9664
Print ISSN : 0917-0480
論文
粒界性格制御によるオーステナイト系ステンレス鋼の腐食特性の改善
王 昀金田 潤也笠原 茂樹茂中 尚登
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 61 巻 9 号 p. 359-365

詳細
抄録

粒界性格を制御したオーステナイト系ステンレス鋼SUS316Lにおいて,Strauss試験,Coriou試験およびHuey試験を行い,低Σ対応粒界頻度の向上による粒界腐食の低減を確認した.また,γ線照射下ですきま腐食試験を実施した結果,制御材の粒界腐食発生数は,非制御材の1/10以下となり,粒界腐食深さも非制御材より短かった.高温高圧水環境におけるSCCの進展速度は,制御材が非制御材の1/2以下となった.以上の検討結果から,低Σ対応粒界頻度の増加により,材料の腐食特性の改善効果が確認された.

著者関連情報
© 2012 公益社団法人 腐食防食学会
前の記事
feedback
Top