Zairyo-to-Kankyo
Online ISSN : 1881-9664
Print ISSN : 0917-0480
論文-第61 回材料と環境討論会 速報論文特集-
高耐食スタンダード二相ステンレス鋼の腐食挙動とTa添加量の検討
-介在物改質による高耐食二相ステンレス鋼の開発(2)-
西澤 夏来長尾 護河盛 誠米永 洋介衣笠 潤一郎佐藤 俊樹
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 64 巻 7 号 p. 324-327

詳細
抄録

二相ステンレス鋼は高耐食性・高強度を有するが,塩化物イオン濃度の高い環境中では介在物(MnS)を起点として孔食が発生する.本報では実製品レベルのS量を有するスタンダード二相ステンレス鋼を用いて,Ta添加量が腐食挙動に及ぼす影響について検討した結果,0.06 mass%以上Taを添加すると耐孔食性が向上することを見出した.

著者関連情報
© 2015 公益社団法人 腐食防食学会
前の記事 次の記事
feedback
Top