Zairyo-to-Kankyo
Online ISSN : 1881-9664
Print ISSN : 0917-0480
ISSN-L : 0917-0480
技術資料
熱化学水素製造法における硫酸分解ガス環境下を模擬した新たな腐食試験装置の開発
広田 憲亮笠原 清司岩月 仁今井 良行大橋 弘史ヤン ジングロン橘 幸男
著者情報
ジャーナル フリー

2019 年 68 巻 6 号 p. 137-142

詳細
抄録

配管内の硫酸流量,装置内での硫酸分解反応の発生,炉心管内の温度分布を把握するために,新たに高温硫酸分解ガス腐食試験装置を製作した.その上で,硫酸溶液の流速は,超音波流量計を用いて常時測定した.また試験装置の入口側におけるSO3濃度は,高温ガス炉水素コージェネレーションシステム(GTHTR300C)を想定した水素製造プラントでの硫酸分解容器入口のSO3濃度とほぼ同等となることを確認した.一方で,試験中に出口側の擦り合わせ部から硫酸漏れが発生した.そこで,流体解析により出口側摺り合わせ部の温度分布を調査し,出口側配管から0.05 m以上離れた位置では継手部の温度がフッ素継手グリースを使用するのに十分低い温度となることが明らかとなった.実際に改良された炉心管を製作し,出口側の擦り合わせ部で温度を再測定した.その結果,継手グリースの温度限界を下回る温度であり,流体解析における温度分布とほぼ同等となっていた.装置改良後,これまで硫酸の漏洩は一切発生していない.

著者関連情報
© 2019 公益社団法人 腐食防食学会
前の記事 次の記事
feedback
Top