J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本作物学会紀事
Vol. 75 (2006) No. 2 P 223-225

記事言語:

http://doi.org/10.1626/jcs.75.223

連載ミニレビュー

樹脂包埋切片法は,もともと透過型電子顕微鏡観察のための生物試料作製法,すなわち超薄切片法の技術のひとつとして発達したものである.電子顕微鏡観察の方法とともに,樹脂包埋切片の光学顕微鏡観察法として発展したのが,以下に紹介する樹脂包埋準超薄切片法(準超薄切片法と略称)である.その植物材料への代表的な応用例は,Feder and O'Brien(1968),O'Brien and McCully(1981)である.なお本レビューと関連する超薄切片法については三宅(2005)を,パラフィン切片法については新田(2005)を,それぞれ参照ください.

Copyright © 2006 日本作物学会

記事ツール

この記事を共有