J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本作物学会紀事
Vol. 75 (2006) No. 2 P 226-228

記事言語:

http://doi.org/10.1626/jcs.75.226

連載ミニレビュー

動物ではプログラム細胞死の一形態としてアポトーシスの研究が進められている.アポトーシスの特徴とされるのはクロマチン凝縮やDNAの規律ある分解等で,これらの変化を伴うプログラム細胞死を称してアポトーシスと呼ぶ.植物においても発生段階や環境ストレス下で細胞が死ぬ際に,アポトーシス様の変化が起きることが報告されており,進化的に保存された共通の機構が存在すると考えられる.アポトーシスを起こしている細胞の検出には,細胞の生死判別法と,さらに分子的指標とされるDNAラダー化や断片化の検出法を併せて用いることが必要である.ここでは,細胞の生死判別を行う為のエバンスブルー染色法と,DNAのラダー化の検出法,さらにTUNEL法によるDNA断片化の同定法について概略を述べる.

Copyright © 2006 日本作物学会

記事ツール

この記事を共有