J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本作物学会紀事
Vol. 75 (2006) No. 3 P 401-404

記事言語:

http://doi.org/10.1626/jcs.75.401

連載ミニレビュー

In situハイブリダイゼーション法は染色体,細胞あるいは組織切片中の特異的な核酸配列を検出する技術である.なかでも,組織切片を用いて特定のmRNAの局在を調べる技法は幅広く使われており,医学分野では臨床検査の常法として定着し,ハイブリダイゼーションから染色までを自動的に行う装置も市販されている.最近では植物試料を対象とした利用例も多数におよび,多様な材料・組織に対応して手技の改良が行われている.ここでは,筆者らが主にイネを対象として用いている方法を紹介したい.

Copyright © 2006 日本作物学会

記事ツール

この記事を共有