大学図書館研究
Online ISSN : 2186-103X
Print ISSN : 0386-0507
論文
つながる人とデータ:IFLA WLIC 2013におけるLinked Dataとコミュニティ活動
天野 絵里子
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2014 年 100 巻 p. 97-103

詳細
抄録

Linked Dataは,2013年8月にシンガポールで開催されたIFLA World Library Information Congressで最も話題となっていたテーマの一つである。本稿では,Linked Dataに関するサテライト・ミーティングで発表された各国の事例等を紹介し,Linked Dataが大学図書館で実際に活用されるようになった場合のインパクトとそれによる業務の変化について考察する。また,IFLAは,Linked Data以外にも,様々な課題に取り組む多くの図書館員のグローバルな実践コミュニティ活動に支えられている。中でもユニークな取り組みを行っている,新しい図書館員を支援するネットワークとしてNew Professionals Special Interest Groupの活動を紹介し,日本の大学図書館員がこのようなグローバルな活動に関わる可能性について述べる。

著者関連情報
2014 (c) 大学図書館研究編集委員会
前の記事 次の記事
feedback
Top