口腔衛生学会雑誌
Online ISSN : 2189-7379
Print ISSN : 0023-2831
ISSN-L : 0023-2831
原著
残留塩素補正消毒システム『エピオス02』を使用した歯科用ユニットの循環水殺菌に関する研究
川村 浩樹久保田 裕子鴨井 久一
著者情報
ジャーナル フリー

2004 年 54 巻 2 号 p. 102-109

詳細
抄録

歯科用ユニット内部の循環水の細菌汚染に対する対策として,残留塩素補正消毒システム『エピオス02』をユニットと水道水の配管の間に取り付けた.また,実験群の一部については,ユニット配管内のチューブをフッ素樹脂加工チューブに交換し,以下の条件で実験を行った.対照群:No.1ユニット:今まで通りの使用実験群:No.2ユニット:チューブのみ交換No. 3ユニット:『エピオス02』接続のみNo. 4ユニット:『エピオス02』接続,チューブ交換その結果,実験開始2週間後では,実験群すべてに循環水中の残留細菌は検出されなかった.また,チューブ内面の走査電子顕微鏡による形態学的観察では, No.1ユニットでは実験期間中を通じて,無機質の結晶様物質や菌体,またバイオフィルム状の物質が認められた.No. 2ユニットでは,細菌の菌体がわずかに認められた.No. 3ユニットでは,バイオフィルム状の物質,無機物の結晶様構造などに形態的な変化が認められた. No. 4ユニットではこれらのいずれもが認められなかった.これらのことから,残留塩素補正消毒システム『エピオス02』が,歯科用ユニットの循環水汚染に対して有用であることが示唆された.

著者関連情報
© 2004 一般社団法人 口腔衛生学会
前の記事 次の記事
feedback
Top