J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

地学雑誌
Vol. 119 (2010) No. 2 P Cover02_1-Cover02_2

記事言語:

http://doi.org/10.5026/jgeography.119.Cover02_1

表紙
  • 抄録

 構造侵食とは沈み込むスラブの前面の付加体や大陸地殻が破壊され,被破壊部がブロックとなりマントル深部に運搬されることである.それらはマントルのどこまで沈み込むのか;660km深度で滞留し,第2大陸を形成するのだろうか.それらは全マントル規模の物質循環や,マントルの化学組成進化にどのような影響を与えるのだろうか?
(丸山茂徳)

Copyright © 2010 公益社団法人 東京地学協会

記事ツール

この記事を共有