地学雑誌
Online ISSN : 1884-0884
Print ISSN : 0022-135X
表紙
地球の地質図(表面),
日本列島,アジア東部,アフリカ,南米大陸を通る大円断面図で示す第1,第2,第3大陸の分布図(裏面)
ジャーナル フリー

2011 年 120 巻 1 号 p. Cover01_1-Cover01_3

詳細
抄録

 (表面)大陸は異なった時代につくられた造山帯のモザイクであるが,平均するとTTG組成をもつ.その大陸地殻は太平洋型造山運動でのみつくられ,現在までに地表面積の1/3を占めるまで増加している.そのほとんどは太平洋型造山運動によってつくられた.大陸の衝突による造山運動は既存の造山帯を変形再結晶させるだけで増加させることはない.大陸の造山帯のモザイクは,大陸の歴史を直接反映し,大陸地殻の形成プロセスを記録している.
 (裏面)第1大陸と第2大陸はTTGで構成されるが,第3大陸はアノーソサイト組成である(Kawai et al., 2009).第2大陸の分布はアジア大陸の下で最大のサイズに発達している.それは遷移層最下部(520-660km)だけでなく,下部マントル最上部にも漂移している.太平洋とアフリカ大陸直下の2つのスーパープルームとアジア直下の大下降流が地球内部の大局的なマントル対流である(Maruyama, 1994; Maruyama et al., 2007a, b).
(丸山茂徳)

© 2011 公益社団法人 東京地学協会
次の記事
feedback
Top