J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

地学雑誌
Vol. 126 (2017) No. 1 小特集:富士山の地下水 p. Cover01_01-Cover01_02

記事言語:

http://doi.org/10.5026/jgeography.126.Cover01_01

表紙
  • 抄録

 第53次南極地域観測隊(2011~2012年)での調査時に撮影したものである.これらの尖塔群はおもに片麻岩とそれに貫入した花崗岩からなり,中央の尖塔の標高は2,401 mで氷床表面からの比高は約1,000 mに達する.この絶景は氷河による侵食や差別的な風化によって形成されたと考えられる.手前には広大なモレーン帯が広がっており,これらが形成された年代を調べることで,過去の東南極氷床の変動史を復元することが可能となる.

(写真と説明:菅沼悠介)

Copyright © 2017 公益社団法人 東京地学協会

記事ツール

この記事を共有