J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

地学雑誌
Vol. 126 (2017) No. 4 特集号:風化─ナノスケールからグローバルスケールまで─ 2. 巨視的風化と応用研究 p. Cover04_01-Cover04_02

記事言語:

http://doi.org/10.5026/jgeography.126.Cover04_01

表紙
  • 抄録

 砂岩や凝灰岩からなる岩石海岸には,しばしば蜂の巣状の穴が連なる侵食地形がみられ,大きいものはタフォニと称される.波浪による侵食は受けにくいが,波しぶきを頻繁にかぶる飛沫帯において,粒状の破砕を受けやすい岩石で発達が著しい.塩類風化作用がその最大の原因と考えられているが,蜂の巣状になる理由はよくわかっていない.穴の大きさは岩石物性(空隙構造や強度)と塩類風化を受けた時間の長さに影響される.

(写真・解説:松岡憲知 2005年12月28日撮影)

Copyright © 2017 公益社団法人 東京地学協会

記事ツール

この記事を共有