地学雑誌
Online ISSN : 1884-0884
Print ISSN : 0022-135X
論説
1877年に日本に影響をおよぼした台風の復元
Michael J. GROSSMAN財城 真寿美三上 岳彦Cary MOCK
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 127 巻 4 号 p. 457-470

詳細
抄録

 歴史文書は,気象官署による測器を用いた公式気象観測が開始される以前の台風復元において,貴重な情報源となる。本稿では,1877年の日本(北海道,本州,四国,九州)に影響をおよぼした台風について,詳細な情報を含む5つの資料(1:日本で出版された英字新聞,2:歴史天候データベース,3:日本の灯台気象観測記録,4:イギリスおよびアメリカ合衆国の船舶の航海日誌,5:中央気象台の気象観測表)の検証を行った。そしてこれらすべての資料から,1877年において日本に上陸もしくは接近した4つの台風事例(6月11日,7月26-27日,8月25-27日,10月11日)が明らかとなり,歴史文書は,日本における暴風雨の位置,移動経路,風速,気圧,被害などに関する詳細な情報を含んでいることが裏づけられた。歴史文書に記録された台風に関する情報は,台風の襲来頻度や強度,挙動に関する理解を,気象観測や台風観測の詳細な数値データが十分に得られない過去の時代にまで,さかのぼる可能性を有しているといえる。

著者関連情報
© 2018 公益社団法人 東京地学協会
前の記事 次の記事
feedback
Top