地盤工学ジャーナル
Online ISSN : 1880-6341
ISSN-L : 1880-6341
論文
局所的な中間砂層の堆積分布を考慮した粘土地盤の沈下評価
新舎 博米谷 宏史高 将真熊谷 隆宏渡部 要一
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 10 巻 2 号 p. 173-186

詳細
抄録

局所的に中間砂層が堆積している粘土地盤の圧密沈下を評価する際には,中間砂層の存在が地盤全体の沈下に及ぼす影響を明らかにする必要がある。中間砂層の堆積状況を詳細に把握するためには,密な間隔での土質調査が不可欠であり,本文では,前半部分でドレーン打設時のマンドレル貫入抵抗の記録を活用して,中間砂層の堆積分布を詳細に把握する方法を提案した。次に,中間砂層の影響を考慮した一次元圧密解析と三次元FEM圧密解析を行い,実測と解析の沈下量を比較して,中間砂層が沈下に与える影響について考察した。その結果,ここで述べる方法により,中間砂層が沈下に及ぼす影響を大筋で把握できることが明らかとなった。

著者関連情報
© 2015 公益社団法人 地盤工学会
次の記事
feedback
Top