地盤工学ジャーナル
Online ISSN : 1880-6341
ISSN-L : 1880-6341
論文
混合ガウスモデルを用いた落石危険度の空間的・確率論的評価
菅野 蓮華森口 周二高瀬 慎介寺田 賢二郎沢田 和秀児波 昌則
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 12 巻 2 号 p. 211-221

詳細
抄録

落石に関して,経路やエネルギーなどの空間分布を考慮した上で,その危険度を確率論的に評価するための手法を提案する。個別要素法を用いて落石挙動を評価し,その結果に混合ガウスモデルを適用することにより落石エネルギーの空間分布情報を構築する。さらに,その情報に基づいて,落石エネルギーがある閾値を超える危険性(超過確率)の空間分布を出力することができる。なお,検証のため,2015年に愛知県で発生した落石を対象として本手法を適用し,その有用性を確認した。その結果,提案手法は落石危険度の空間的・確率論的な評価を可能とするだけではなく,危険度評価のために必要となる落石シミュレーションの計算コストを抑制する効果があることが確認された。

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 地盤工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top