地盤工学ジャーナル
Online ISSN : 1880-6341
ISSN-L : 1880-6341
論文
長期劣化を考慮した切土のり面の性能評価と合理的な維持管理手法について
丸木 義文酒井 信介田村 泰志新町 剛志大前 雄史山崎 博井戸 秀明吉田 信之
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 12 巻 2 号 p. 245-261

詳細
抄録

斜面を合理的に維持管理するには,斜面の性能指標と時間の関係を明らかにする必要がある。本論文では,切土のり面の長期劣化を考慮したモデル斜面によるパラメトリックスタディを行い,斜面の性能指標の一つである安全率と維持管理の実務において計測される変位の関係,および斜面性能に影響を与える要因や着目すべき変位の観測位置などについて考察を加え,斜面の合理的な維持管理手法を提案した。パラメトリックスタディ結果では,切土のり面の性能指標と時間の関係が明らかになり,粘着力と変形係数が斜面の性能指標に大きく影響する要因であること,のり尻周辺が重点的な変位の観測位置として提案されるなどの結果が得られた。

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 地盤工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top