地盤工学ジャーナル
Online ISSN : 1880-6341
論文
円筒金網とチェーンを用いた災害復旧工法の開発
北村 明洋奥西 一裕久保田 篤之寺本 俊太郎澤村 康生木村 亮
著者情報
ジャーナル フリー

12 巻 (2017) 3 号 p. 303-321

詳細
PDFをダウンロード (4536K) 発行機関連絡先
抄録

地方の山間地では地震による斜面崩壊や,集中豪雨のため河川沿いの道路が崩れ通行止めになる場合が多くあり,地域の生活道路の早期復旧が社会基盤整備において重要になっている。そこで頻発する地盤災害を早期に復旧するため,円筒金網を多段積みにする河川護岸工法および,チェーンを補強材とし円筒金網を壁面とする補強土壁工法の研究開発を行った。これらの工法は開発段階での解析,実物大の施工実験を経て実用化しており,特に災害復旧現場における実用性の高さが確認された。

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 地盤工学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top