地盤工学ジャーナル
特集号招待論文(地域別編)
東北地方太平洋沖地震被害調査報告
—宮城県北部—
岡 二三生吉田 信之甲斐 誠士飛田 哲男肥後 陽介鳥居 宣之鏡原 聖史中西 典明木元 小百合山川 優樹東瀬 康孝渦岡 良介京谷 孝史
著者情報
ジャーナル フリー

7 巻 (2012) 1 号 p. 37-55

詳細
PDFをダウンロード (3842K) 発行機関連絡先
抄録

平成23年(2011年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による宮城県北部地域の地盤被害状況を把握するため,地盤工学会東北支部・関西支部合同調査団を組織し,2011年4月5日~10日,29~30日にかけて調査を実施した。本論文では,その後の聞き取り調査なども踏まえ,河川堤防,海岸堤防,港湾施設,道路・鉄道の盛土・切土斜面,液状化や地盤沈降などの被害に関する調査結果を報告する。調査結果の一部は既に地盤工学会誌に速報として報告されているが,本論文ではそこで報告された被害事例も含めて被害対象ごとに整理して述べる。

著者関連情報
© 2012 公益社団法人 地盤工学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top