地盤工学ジャーナル
Online ISSN : 1880-6341
論文
兵庫県北西部地域における2009年台風9号による山腹斜面崩壊の実態と発生メカニズムについて
鏡原 聖史澁谷 啓鳥居 宣之金 秉洙川尻 峻三
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 8 巻 3 号 p. 489-504

詳細
抄録

2009年8月,台風9号による豪雨によって兵庫県北西部において,洪水災害および山腹斜面崩壊・土石流・がけ崩れなどの土砂災害が多数箇所で発生した。この台風による土砂災害の内,過去の風倒木被害地で発生した山腹斜面崩壊が多数を占めていた。そこで,本論文では,この台風で発生した山腹斜面崩壊の地形的特徴を整理した。さらに山腹斜面崩壊地周辺での調査,室内試験(不撹乱試料を用いた低圧一面せん断試験など)ならびに無限平衡斜面における安定解析を行った。その結果,過去に発生した風倒木被害地で70%近くの山腹斜面崩壊が発生していたこと,等が明らかとなった。また,表層が飽和することで土の粘着力が大きく低下し,安定解析で不安定となる厚さと崩壊深さが一致する。このことから,過去の風倒木被害地での山腹斜面崩壊は,降雨浸透による地盤強度の低下が主たる原因で発生すると考えられた。

著者関連情報
© 2013 公益社団法人 地盤工学会
前の記事
feedback
Top