日本家政学会誌
Online ISSN : 1882-0352
Print ISSN : 0913-5227
家庭で作られるケフィールの細菌汚染状況
村上 和保
著者情報
ジャーナル フリー

1995 年 46 巻 9 号 p. 881-883

詳細
抄録

一般家庭から持ち込まれたケフィールおよびケフィール粒の汚染細菌の検出ならびに検査依頼主へのアンケート調査を行い, 以下の結果を得た.
(1) 全検査検体 (90例) のうち11例 (12.2%) から大腸菌群が検出され, 菌種としてはKlebsiella aerogenes I (II例), Klebsiella aerogenes II (2例), Citrobacter freundii I (3例), Escherichia coli III (1例) であった.
(2) 検出された大腸菌群の菌数は最少のものが60個/g, 最多が520,000個/gであった.
(3) ケフィールからの大腸菌群の検出状況と季節との間には明確な相関は認められなかった.
(4) 大腸菌群の検出された検体 (11例) および一部の検体 (3例), 合計14例からはサルモネラは検出されなかった.
(5) アンケート結果からみて, ケフィールを作る際に使う器具や容器の消毒は, 一般家庭では必ずしも十分に行われているとは言い難い.

著者関連情報
© 社団法人日本家政学会
前の記事 次の記事
feedback
Top