日本家政学会誌
Online ISSN : 1882-0352
Print ISSN : 0913-5227
3種のイカの呈味の違いと貯蔵変化
香川 実恵子松本 美鈴畑江 敬子
著者情報
キーワード: イカ, 呈味, 官能検査, 貯蔵
ジャーナル フリー

1999 年 50 巻 12 号 p. 1245-1254

詳細
抄録

アオリイカ, スルメイカ, ヤリイカの生, 加熱肉より抽出したエキスを用いて, 官能検査とエキス分析を行い, 種類および鮮度による呈味の違いを検討した.3種類のエキスを比較したところ, アオリイカは遊離アミノ酸含量, 特に甘味を有するGlyが他に比べて有意に多く, 官能的にも甘味が強いと判定され, 呈味は最も好まれた.また, スルメイカは, グリシンベタインが多いものの, 苦味を有するHisや不味成分であるHxが多く, 好まれなかった.貯蔵による呈味の変化を検討したところ, 生イカでは24時間貯蔵によりアオリイカで有意に甘味とうま味が増して好ましくなり, 加熱イカではスルメイカで24時間貯蔵によりうま味が増した.

著者関連情報
© 社団法人日本家政学会
前の記事 次の記事
feedback
Top