耳鼻と臨床
Online ISSN : 2185-1034
Print ISSN : 0447-7227
ISSN-L : 0447-7227
興味あるauriculotemporal syndromeの2例
丸笹 直子中川 のぶ子南 豊彦井野 千代徳山下 敏夫
著者情報
キーワード: 味覚性発汗, 鉗子分娩
ジャーナル フリー

2000 年 46 巻 5 号 p. 373-376

詳細
抄録

興味ある味覚性発汗の2例を報告した。症例は26歳と55歳の男性で、主訴は共に小児期よりの食事中の両側の耳漏。視診上は異常なく、ヨード澱粉反応を応用してその実態を確認した。耳下腺の手術およびその周囲の外傷の既往はない。出生時の鉗子分娩が味覚性発汗の原因とする報告があるが、症例1は鉗子分娩を受けており、症例2はその疑いがあった。鉗子分娩による味覚性発汗の多くは幼児に発症するなど一致しないところもあるが他に原因もなく鉗子分娩による味覚性発汗と診断した。耳介側頭神経は外耳道入口部の耳垢腺にも分布しているのでauriculotemporal syndromeの一つと考えている。

著者関連情報
© 耳鼻と臨床会
前の記事 次の記事
feedback
Top