日本耳鼻咽喉科学会会報
総説
臨床研究から診療ガイドラインへ: 根拠に基づく医療 (EBM) の原点から
中山 健夫
著者情報
ジャーナル フリー

113 巻 (2010) 3 号 p. 93-100

詳細
PDFをダウンロード (674K) 発行機関連絡先
抄録

根拠に基づく医療 (EBM) は, 臨床的エビデンスと, 医療者の専門性と, 患者の価値観の統合により, より良い医療の提供を目指すものである. 「エビデンスをつくる」臨床研究は, 想定されるクエスチョンよって, 適切な疫学的研究デザインは異なる. 「ランダム化比較試験によるエビデンスが無ければEBMは実践できない」「ランダム化比較試験を行わないと臨床研究として認められない」という考えは誤解であり, それぞれの目的に沿った臨床研究の手法を採ること, 「現時点で利用可能な最良のエビデンス」を意思決定に慎重に用いることがEBMの基本である. 診療ガイドラインは, 「特定の臨床状況のもとで, 臨床家と患者の意思決定を支援する目的で, 系統的に作成された文書」と定義される. 診療ガイドラインは, エビデンスを現場に伝える役割を担い, エビデンス・診療ギャップの改善に役立つとともに, 患者と医療者のshared decision makingを進める基点となることが期待される.

著者関連情報
© 2010 一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会
次の記事

閲覧履歴
feedback
Top