日本耳鼻咽喉科学会会報
Online ISSN : 1883-0854
Print ISSN : 0030-6622
ISSN-L : 0030-6622
原著
Thiel法による解剖体固定法とその有用性についての検討
岡田 隆平角田 篤信籾山 直子岸根 有美喜多村 健岸本 誠司秋田 恵一
著者情報
キーワード: 解剖固定法, 手術合併症
ジャーナル フリー

2012 年 115 巻 8 号 p. 791-794

詳細
抄録

困難な術式や新しい術式に際して術前に解剖体を用いて解剖学的理解を深めることは有意義であるが, 従来のホルマリン固定による解剖体では組織の硬化が強く, 術式に即して展開することが困難であった. Thiel法は1992年に発表された解剖体の固定方法で, 生体とほぼ同じ質感を維持することができ, 病原体による感染の危険性を伴わない. 本固定法で処理された解剖体は組織が柔らかく, 実際の術式に即したかたちで解剖, 検討することができ, 術前の解剖学的検討に有用と考えられた. 本法は他の解剖体固定法と比していくつもの有利な点があり, 術式検討に加え, 新しい手術機器の開発, 外科医の技術評価にも有用であると考えられる.

著者関連情報
© 2012 一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top