日本耳鼻咽喉科学会会報
Online ISSN : 1883-0854
Print ISSN : 0030-6622
Carotidyniaの超音波およびCT画像評価
丸山 裕美子遠藤 一平塚谷 才明古川 仭
著者情報
ジャーナル フリー

2005 年 108 巻 2 号 p. 168-171

詳細
抄録

特発性carotidyniaと考えられる2例を経験し超音波検査とCTによる画像評価と経過観察を行った. 症例1は22歳女性で左頸部痛と腫瘤で初診, 超音波検査とCTにて左頸動脈分岐部周囲の軟部組織陰影を認めた. 2週間で症状は改善し1カ月後の超音波検査で病変の消失を確認した. 症例2は82歳の男性で左頸部痛と腫瘤について超音波検査とCTにより左頸動脈分岐部周囲を取り巻く軟部組織陰影を認めた. 症状は2週間で改善し以後画像上の所見消失を確認した. 過去にcarotidyniaの画像所見の報告は少ないが, 類似の症状を生じうる重篤な疾患の鑑別のためにも超音波検査やCT検査は簡便で有用であると考えられた.

著者関連情報
© 日本耳鼻咽喉科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top