日本耳鼻咽喉科学会会報
Online ISSN : 1883-0854
Print ISSN : 0030-6622
ISSN-L : 0030-6622
ハイドロキシアパタイト人工耳小骨による耳小骨連鎖再建術の実験的研究
ネコ中耳腔における経時的変化の検討
山中 栄三
著者情報
ジャーナル フリー

1988 年 91 巻 6 号 p. 915-925,999

詳細
抄録

鼓室形成術における耳小骨連鎖再建に人工材料による耳小骨が使用される機会が多くなってきた. ハイドロキシアパタイトは生体内組織との親和性が高く, 人工骨や人工歯根として注目されている. しかし実際に人工耳小骨としてこれを使用した際に, どのような状態で存在し, 機能しているかについての基礎的研究は行われていない. 今回著者は, ネコ中耳腔においてキヌタ骨を摘出し, 代わりに密度99.5%のハイドロキシアパタイトの人工耳小骨を用いて耳小骨連鎖の再建を行い, 経時的にその聴力の推移および組織学的観察を行い, その安定性と機能の状態を基礎実験で確認した.

著者関連情報
© 日本耳鼻咽喉科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top