日本耳鼻咽喉科学会会報
Online ISSN : 1883-0854
Print ISSN : 0030-6622
ISSN-L : 0030-6622
II型コラーゲン免疫感作動物の蝸電図変化
越智 健太郎
著者情報
キーワード: 蝸電図, II型コラーゲン
ジャーナル フリー

1995 年 98 巻 1 号 p. 102-111,195

詳細
抄録

牛の軟骨から抽出したII型コラーゲンにより免疫感作した10匹のハートレー系雌モルモットに, 茎乳突孔から免疫challengeを行い, 蝸電図変化, 組織学的変化を検討した. APの出入力関係曲線では, 振幅の減少, 潜時の延長を認め. SPに関しては+SPの減少を認めた. AP tuning curveは, その曲線パターンに多くの動物で異常を認めず, Q10dBも正常範囲内であった. 組織学的には, 軽度から中等度の螺旋神経節細胞の変性が特徴的所見として認められたが, コルチ器には, 光顕的には異常を認めなかった. APの振幅減少, 潜時延長は螺旋神経節細胞の変性に基づく変化と考えられた. さらにtuning機能に異常変化が乏しいにもかかわらず, +SPの減少という受容器電位変化が認められたことから, コルチ器内の異常病態の存在も推定された.

著者関連情報
© 日本耳鼻咽喉科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top